ETCカード簡単解説ガイド TOP → ETCを取得する カードの入手方法

カードの入手方法

ETCカードを作るには、カード会社に申し込みをする必要があります。ETCカードもクレジットカードの1つになります。

ETCを利用した道路料金の支払いは現金ではなく、クレジット取引によって行われます。そのためETCカードは、クレジット会社がクレジットカードと同様に発行しているのです。なお、ETCカードは原則的に本人のみが使用可能となります。

ETCカードと車載器とが分離していますので、自動車の利用者と有料道路の料金の支払い者を簡単に別々にできるようになっています。まず、クレジット会社の発行するETCカードを取得します。ETCカードは個人または法人単位で取得し、名義人のみが使用できます。

また、ETC車載器が取り付けられた車両なら、所有するETCカードで車両を問わず利用できます。このシステムはクルマの所有者ではなく、カードの名義人が料金を支払えるというメリットがあります。

ETCカードは大きく分けると、ETC専用カードと一体型ETCカードの2種類になります。ETC専用カードは名前の通り、ETCカードとしてのみ使用することができるカードになります。道路のETCで通行料金を精算するということ以外では使用することはできません。

一体型ETCカードは、一般のクレジットカードとETCカードの機能を持ち合わせたカードになります。ETCによる料金清算を行えることはもちろんですが、クレジット機能も付いていますので、クレジット払いによる買い物などの両方をすることが出来ます。

最近は、様々なことに使用することができる一体型ETCカードを発行するカード会社が増えてきていますので、申込みの際に確認するようにしましょう。


ETCを取得する