ETCカード簡単解説ガイド TOP → Q&A トレーラーはETCを利用できる?

トレーラーはETCを利用できる?

トレーラーヘッドだけで走行する場合、普通車の適用を受ける有料道路がありますので、一般レーンで料金所係員にETCカードをお渡しください。トレーラーヘッドが2軸の場合と3軸の場合で、取り扱いが違ってくることもあります。

遠阪トンネルのETCレーンの場合ですと、トレーラーが通過する場合はゲート進入時に被牽引自動車の有無しに関わらず、車載器にセットアップされた情報に基づいて、トレーラーヘッドの車軸が2軸の場合は「中型車」、3軸の場合は「大型車」として感知されることがほとんどになります。

その後のゲート通過時は、被牽引自動車の車軸数を感知しますので、ここで大型車、特大車かということが感知されることになります。そして、正規の料金を請求されることになります。

このような方法がありますので、トレーラーヘッドのみの場合でも正規の料金でETCレーンを利用することが出来ます。しかし、2軸の場合と3軸の場合でも取り扱いが同じということもありますので、詳しいことはETCを導入している有料道路の事業者に問い合わせるようにしてください。

また、料金表示に不一致が生じる場合ということもあります。トレーラーがETCレーンを通過する際に、車載器にはゲート進入時の料金が表示されたままになっていて、被牽引自動車がある場合に車載器の料金情報と請求金額とが一致しなくなることがあるのです。その場合は少し面倒ですが、インターネット上に掲載されている「ETC利用照会サービス」で正規の料金の確認をするようにしましょう。


Q&A