ETCカード簡単解説ガイド TOP → Q&A ETCはどこでも利用できる?

ETCはどこでも利用できる?

ETCステムは日本全国共通の仕様として、システム構築されています。すでに導入済みの道路はもちろん、将来的に導入する道路もすべて同じシステムが導入されますので、わざわざ買換えなどは必要ありません。

海外でも、現在30カ国以上の国の有料道路で導入されています。海外ですと、均一料金制の有料道路で実用化されていることがほとんどになります。アメリカなどの欧州では国を越境する有料道路も多いために、規格統一の動きも出ています。

このように、海外でもETCは利用されていますが、現在は残念ながら日本のETCシステムを海外で利用することはできません。しかし、今後ETCの導入が増えるにつれて、それらも可能になる日がくるのではないかと思います。

またETCというのは、友人などから車を借りた場合でも使用することが出来ます。レンタカーの場合も同じです。ETCカードとETC車載器というのはそれぞれ独立していますので、カードと車載器はどのようにでも組み合わせることが出来ます。

つまりレンタカーであっても、ETC車載器がセットアップされていれば、自分のETCカードを使って利用することが可能になるのです。通行料金も、実際に使用した際の車載器の中の車両情報に対して課金されることになります。

しかし、レンタカーでETCを使う場合などはレンタカー規約などでルールがきちんと決まっていますので、予め確認してルールを守るようにしましょう。


Q&A