ETCカード簡単解説ガイド TOP → ETCとは? ETCの名前の由来

ETCの名前の由来

ETCは「イーティーシー」だと思っている方も多いかと思いますが、ETCの正式名称は「Electronic Toll Collection System」になります。そのそれぞれの頭文字を取って「ETC」と言われています。

「Electronic Toll Collection System」を訳しますと「電子式料金自動収受システム」になります。有料道路を利用する際、自動車に搭載したETC車載器とETCカードによって料金支払いを自動的に行うことができるのです。

普及した当初はイーテックという名称だったそうです。国土交通省がに開催した愛称応募コンテストによって決定した名称とされていて、今でも公式の読みはイーテックのようですが、この呼び方をしている人はほとんどいないので全く普及しなかったといえるでしょう。

ETCは電子式料金自動収受システムということだけあって、大変便利なものとなっています。「ETC車載器」を自動車に設置した後、必要な情報が記録されているETCカードをETC車載器に差し込むことで利用をすることが出来ます。

ETCを搭載するだけで、ETC対応の料金ゲートを停車せずに通貨することができ、料金も自動的に清算されます。一般の料金ゲートを通過する場合とは違い、すぐに通過することが出来ます。

ETCは有料高速道路での料金所による渋滞が減ることにより、快適な自動車の運転ができることなどから日本だけでなく、世界中で導入されています。


ETCとは?